6.赤色フィルタの種類

赤色文字を消す方法は3種類から選択できます。

1)色判定(赤・緑)

画像内の色を判定し、赤とみなされる箇所を全て消す方式です。

  • i-暗記シートで採用されていた方法です。赤い文字については、かなり高い精度で消してくれます。
  • 色を消す際に、画像全体の色情報(青や黄色など)も削除されます。(赤シートがかかっている裏は、モノクロ画像になっています。) このため、写真のような画像は非常に見にくくなります。
  • 色の種類として赤と緑があります。赤は赤い文字、緑のマーカーを隠せます。緑は、緑の文字、赤いマーカーを隠せます。(緑はv1.06でリリース)

なお、色判定処理で赤、緑いずれを指定いただいても、画面に表示されるフィルタの色は赤色となります。

2)文字抽出

画像内の文字抽出を行い、文字領域の中で赤い箇所にマーカーを付与する方式です。

  • 元画像に手を加えないため、ページ内の色情報がそのまま残ります。写真のような画像もきれいに表示されます。
  • 付与されるマーカーはアプリ内で手作業で付与するものと全く同じです。色変更や削除も行えます。
  • 文字抽出処理は完全ではありません。手書きの文字や、画像が斜めに傾いている場合の認識率はかなり低く、消したいところが消えていない可能性もあります。

3)フィルタなし

赤い文字を消しません。

  • アプリでは文字を消す処理を行いません。ユーザにて作成したテキストやマーカーを付与した箇所のみ消すことができます。
  • 元画像に手を加えないため、ページ内の色情報がそのまま残ります。写真のような画像もきれいに表示されます。
  • memorize_filtertype.txt
  • 最終更新: 2020/02/11 02:39
  • by kawamura