10.ハードウェアサポート


10.1.Apple Pencil

Apple Pencilは基本的にはタッチ操作と同等の操作にご利用になれますが、設定を変更することにより、Apple Pencilとタッチ操作をより便利に使い分けることが可能です。(v1.8.3以降)

  • 学習モード(フィルタ画面)
    デフォルトでは、タッチ操作、Apple Pencilの操作は同じになり、分割モードではスクロール、全画面モードでは穴あけ操作となりますが、Apple Pencilをご利用の場合はApple Pencilの操作をフリーハンド書き込みか穴あけに変更できます。
    • Pencil操作を書き込みに設定すると、タッチ操作はデフォルトのままですが、Apple Pencilの操作はフリーハンドの書き込みとなります。
      編集モードへの変更せずに、すぐに書き込みが行えるため、学習画面でメモを取ったりすることが多い場合に非常に便利です。
    • Pencil操作を穴あけに設定すると、分割モード、全画面モード共に、タッチ操作でスクロール、Apple Pencilにて穴あけ操作という形の操作方法で統一されます。
      分割モードと全画面モードの両方を利用している場合、操作が統一されますので、操作がしやすくなります。
  • 編集モード(マーカー、フリーハンド)
    デフォルトではタッチ操作(一本指)とAppple Pencilの操作の両方が共に書き込み操作となり、スクロールは二本指操作となりますが、設定を変更することにより、Apple Pencilの場合は書き込み操作、タッチ操作(一本指)はスクロールという操作に変更できます。
    書き込みとスクロールがモード変更なしに行えますし、全体的にタッチ操作でスクロール、Apple Pencilで編集という形に操作方法を統一できるため、大変便利です。

なお、いずれの設定におきましても、Apple Pencilが検出されない場合はデフォルトの操作方法になります。


10.2.外付けキーボード

  • 外付けキーボードはメモの入力などキーボードで文字入力する際にご利用になれます。
  • 文字入力以外の機能として、キーボードショートカットが利用できます。
    • キーボードショートカット機能はV1.8以降でご利用になれます。
    • ファンクションキーはiOS13.4以降でご利用になれます。
分類 キー 状態 動作内容
移動 ↑,↓,←,→ - スクロール
オブジェクト選択時 オブジェクトの移動
Shift + ↑,↓,←,→ 動作はShiftを押さない場合と同じですが移動量が小さくなります。
PageUp,PageDown - 次のページ、前のページに移動します。
モード変更 F1 - 学習画面に変更
学習画面の場合 学習モード(全画面・分割・フィルタ無し)の変更
F2 - 編集画面に変更
編集画面の場合 編集モード(チェックボックス・マーカー…)の変更
チェックボックス F5,スペース 学習画面のみ 次のチェックボックスにジャンプ
F6 学習画面のみ 次の赤チェックボックスにジャンプ
F7 学習画面のみ 次の青チェックボックスにジャンプ
F8 学習画面のみ 次の黄チェックボックスにジャンプ
Escape - 処理のキャンセル(画面でタップするのと同じ)

スプリットビュー利用時の注意

  • iPadでスプリットビューを利用すると、二画面同時に開くことが可能になりますが、キーボードショートカットはいずれか一方にのみ有効です。
  • 外付けキーボードのショートカットが有効なウィンドウ はツールバーの背景色が濃くなりますのでこれで判別可能です。
  • ツールバーをタップすることで、有効なウィンドウを切り替えることが可能です。


10.3.マウス

  • マウスはタッチ操作の代わりにご利用になれます。
  • ホイール機能はご利用になれません。(ご要望を多数いただいておりますが、iOS13では対応できません。)
  • memorize_keyboard.txt
  • 最終更新: 2020/05/31 08:18
  • by kawamura